Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の話

今日は母と夕飯を共にした。
その時、母の昔の話を聞いた。

母は父と違い、地味に生きてきた人である。
母の実家の兄が結婚し、お嫁さんが家に入ったのをきっかけに17歳にして家を出て、とある町の商店街で住み込みで働きだした。
何年かして父と出会い、結婚し借家に住んだ。
私が小学5年生までその借家に住んでいたのだが、裏に住む借家の大家さんがあまりいい人ではなく、多大ないじめを受けてきたのは子供心に私も気づいていた。

そんな事態からの脱出したいという思いと、大家さんの借家取り壊しの話もあって現在の家を建てて引越してきたのだが、家のローンもあるので母も働きだした。

一応町の公務員として働きだしたのだが、そこでも上司に挨拶した時にコネで入ったとかなんとか嫌味を散々言われたそうだった。
配属された町の公共施設でも、いい人はいたのですがイジワルな先輩方もいて昼の食事に出されていた果物など、母の分だけ無い日もあったという。
そして配属先の職場へも母あての中傷の電話が本庁舎で働くとある人から何度も何度もかかってきたそう。

つらい日々が何年も何年も続いた。
父にも相談してやめようかと思ったらしいけど、職場に入れてくださった方にも、かばってくださる人にも悪いし、まだまだ私達子供にもお金がかかると頑張って勤めあげた。

後から聞いた話だが、当時町長となっていた方と父が遠い親戚で、その反対派の人たちの陰謀もあったとか。
町長さんがお辞めになるときに、いろんな意味で苦労させて悪かったと言っていただけたと母は言っていた。
少しだけ報われたと。

もう母も定年で退職し、当時いたその人たちも当然退職している。
スーパーでばったり会うこともしばしばあるが、母が軽く会釈すると相手は気まずそうに目をそらすという。

そんな事もあってか、母は人と話すことがあまり好きではない。
人の顔色を伺い接する癖がついてしまったようだ。

前にもそんな話を少しだけ聞いたこともあったが、中傷の電話が何度も何度もかかってきた事は始めて聞かされ、怒りに震えた。

大きい声では言えないが、なんだかんだエライ立場になっていた人もいる。
おまけに人にそんな不快な思いをさせておきながら、民生擁護委員をやっていた人もいる。

今学校でのいじめが問題となっているが、こんな大人の、しかも町を司る庁舎にもいじめがあった。


母は、
『やられた事は絶対忘れないけど、耐えて頑張ってきたからこそ、今の幸せがあると思うからね。
母さんはおかげで何にも後ろめたい事がないから、それだけで幸せだと思う。する方ではなくてされる方で良かったって思ってるよ』と言う。

涙がでた。

父とこの人との忍耐と頑張りで私と兄は、大きくなったんだなぁとつくづく思った。

最近、ここのはさんの悲しい結末を迎えた方の記事を読んだり、昨夜は新幹線の車両から飛び降りた方のニュースを見て思うのです。

どこの家でもご両親がつらい事も悲しい事も一生懸命乗り越えて、育ててくれた命。

生きていればいろんなつらい事もありますが、それでも楽しい事もたくさんあるはず。

わかってくれる人もたくさんいるはず。

授かった天命を全うしてほしい。


私も苦労をかけた母にゆっくり老後を楽しんでもらえるように、大事にしていきたいと思うのです。


akke




関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

Mayuちゃんへ

Mayuちゃん、どこに行っても平気でいろんな事しかけてくる人はたくさんいると思います。
でも、そういう人には自分は絶対にならないと心に誓う毎日です。
やったことは必ず他のかたちで自分に返りますものね。
やられた側も絶対忘れないですから。
母も言い返せるだけの力量があったなら、もっと事態は変わっていたかもしれませんが、じっと耐えるのみの性格で・・・・・。
つらいことの後には必ず楽しい事があると信じて頑張っていきましょうね。
人生はやっぱ、修行ですね。
コメント、ありがとう~~v-22

はるっちへ

人生はプラスマイナスゼロだと母は言ってます。
最初に苦労するか、後で苦労するか・・・・だと。
今は本当に幸せだと言ってくれてます。
はるっちのお母さんもきっと大変な苦労をしてこられたと思います。だから今とっても幸せなんじゃないかな(^m^)
お互いしっかり親孝行していきましょうね~~~。
コメントありがとう~v-22

ここのはさんへ

そうですか・・・・ここのはさんもつらい時期があったのですね。
私も実は高校時代にこんな感じのつらい時期がありました。
学校なんかやめてやるーって思ったけど、結局頑張って卒業しました。

人は変わらない・・・・・。
そう!私もそう思います。
だから自分が変わらなくっちゃいけないんですよね。
受け取り方も見方も・・・・。
母にも父にも苦労をかけました。
私も大人になり、母もきっと今ならって思って話してくれたんだと思います。
話すことで胸のつかえも取れた母。
今日はすっかりまんべんの笑顔で、ご飯を作ってくれてました。
GWの前半は母と出かけようと思ってます。
ランチでもご馳走しながら♪
ここのはさん、あたたかいコメントをありがとうございます。

つぼっちゃんへ

この母の話は始めて聞いた内容のものもあり、少しショックをうけました。
母だけでなく、やはり弱い立場の人も同じくいじめを受けていたようです。
自分の母だけにひどく憤りを感じました。
つぼっちゃんの言うとおり、母には耐えうる力が備わってたのかな。。。。。
っていうか、どんどん強くなっていったのかもね。母は強しっていうし。
どこの世界にも、どんな所に行っても、こういう人は必ずいます。
私もこの先、こんな事態に遭遇するやもしれないですね。
こわっ・・・・・。
母にはもうこんなつらい思いをさせられないです。ゆっくり笑って毎日過ごせるように私も恩返しをしてゆきます。
コメントありがとう~v-423

とっても素敵なお母様ですね。
お母様の言葉、すごく感動しました。
苦労してきた人はたくさんいるけれど、それをこんな風に言える人は、そう多くはないと思います。。。

そうやって大切に育てられた命なんですよね、私たちの命は…大事に生きていかねば、バチがあたりますよね。

回り道したって、時には逃げたって、いいと思う。がんばって生きていけるなら…。

うん、私もがんばろうって思います!

  • 2008/04/24
  • Mayu ◆ qpy/DFwI
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]

お母さん、すごい苦労されたのねぇ。
でも、今は幸せだと思えるようになって良かったねe-266v-411
私もいつか母に「今は幸せだ」と言ってもらえる日が来る事を、心から願っています。

  • 2008/04/24
  • はる ◆ dRADKTws
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]

いいお話ね。akkeちゃん。^^
お母さんはとっても頑張ってakkeちゃん達を育てられたのね。
いえ、akkeちゃん達がいたから、お父さんがいらっしゃった
から頑張れたんだと思います。^^

つぼっちさん、こんばんは。^^
幸せそうにしている人にもきっと人には言えない事ってあると
思います。なかにはそういう自分をミジンも見せない人も
いるかも。。。死んだ彼がそうでした。。。

こんな私にもある時期、会社内で女性陣から総スカンくらって
たことあります。^^ 会社でそんな状態。家に帰ったら帰ったで
姑とうまくいかない。。。お先真っ暗な状態がずーっと続き
いつになったら、このうつうつとした気持ちから逃れられる
んだろうと思った時期がありました。その頃の写真って
心から笑っていません。。。
自分が変わらなきゃ!とはっと気づいたのは、息子がぐれかかった時。
自分だけが不幸だと思うのは大きな間違いだと気づかされました。
人じゃあない。自分の心のもちよう、ありよう。。
これに気づくのに。。10年はかかりましたねえ。^^
人は。。人の温かさを求めます。無心の温かさを与えられる人
そういう人間になれた時。。幸せな生き方ができるんじゃあ
ないかと思います。私はまだまだずーーーと先のこと。。
やっぱり悪魔の自分が出てくる時ありますもの。テヘッ!^^
精進せねば! 

akkeちゃん、死んだ彼はきっと向うの世界で楽になったって
笑って暮らしているかも。。夫と今日そういう話をしました。
ながながとすみません。

  • 2008/04/24
  • ここのは ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]

 なんだか、涙がこぼれるお話です。

 人生って、不公平ですよね。
いじめにあったり、槍玉に会う人ってのは、
いつも決まっていて、
幸せそうに暮らす人には、そんな影すらない。
この違いは何なんでしょうね。

 『その人には、それを耐えうるだけの力が、備わっていて、
試されているんだと。』
 いつも、そんなばかなぁ・・・と思いつつも、
そう思わなければやっていけないとも、思う。

 そんな方にも、きっと、違う形で、何かで
報われるのだと思います。
その片方を担っているのは、akkeちゃんかも。
荷は重くても、きっとお母様が、むくわれる何かが起こると思います。
まま、むくわれようとの欲は、ないんだと思うのですが。

 わたしも、日々精進して、いろんなことに
目を配り、恩返しをしていこうっとヽ(´ー`)ノ

  • 2008/04/23
  • つぼっち ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

my sweet home

Author:my sweet home
2000年パニック障害&軽度の鬱病発症。現在完治。
6年前からひどい肌荒れに悩み続け、化粧品・皮膚科の薬・漢方・サプリなど良いとされるものを取り入れてきましたがそれらは一時的な改善のみ。
結婚後ローフード(果物や野菜に含まれる酵素を主体とする食生活の改善)に出会い私の肌は劇的に変わりました。
肌だけではなく、疲れにくいカラダ、免疫力UP、気持ちの安定などお話ししたい事がいっぱいです。

そんな果物や野菜の生きたエネルギーをお伝えしたく、今までのBLOGをリニューアルしました。

2013年3月
ローフードマイスター1級取得。
現在プレミアム認定校取得中です。

自宅にてローフードにおける食生活の改善セッションやローフード料理教室を開くため、ただ今準備中です^^

お気に入りのショップ

私の大好きなショップです。 こちらでお買い物ができます♪


◆尊敬する秋葉先生の本♪



◆ローフードが推奨する一冊♪





◆パン・菓子の道具店♪

馬嶋屋菓子道具店

◆安くて可愛い食器がいっぱい♪

M’home style

◆Amazonでお買い物♪

 

◆ステキな雑貨と食器のお店



◆お菓子作りの道具屋さん♪



最近の記事

FC2カウンター

ギャラリー



この画像はRickeyさんにいただきました。
Going happily・・Come on!!


BLOGに音楽を!
Le plus beau quartier・・

ブログ内検索

ブログランキング

ほっこり~♪と思っていただけたなら、応援クリックお願いします♪



管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。